お悩み解決,マウスピース,マウスガード,スポーツマウスガード,スポーツマウスピース

 > HOME > お悩み解決
マウスガードを付けると話せない・苦しい・気持ち悪い・外れやすい

マウスガード・マウスピースのお悩み、解決します

RYMS(ライムス)のマウスガードなら次のようなメリットをご提供できます。
話せます・苦しくありません・気持ち悪くなりません・外れにくいです
怪我防止します・咬み合せが安定し競技力アップします・お好きなデザインのマウスガードを作れます
スポーツに集中できる!楽しめる!だから笑顔が生まれる!それがRYMS(ライムス)のマウスガードです
マウスガードのお悩みご相談はこちら

RYMSのマウスガードへのこだわり

お客様おひとりおひとりにご満足いただけるマウスガードを制作するために、RYMSでは下記のような取り組みをしています。
  • 上下の歯型を採って咬み合せを充分に考えて製作している
    マウスガードは通常、上の歯に装着しますが、下の歯で噛んだ痕をマウスガードに付けます。このことによって左右均等に噛めるようになり、近年よく言われる「体軸・体幹」がしっかりします。そしてバランス感覚が向上し、筋力アップにもつながります。
  • 話せるように仕上げている
    マウスガードの舌側の辺縁は基本的に歯の生え際にして無駄に長くしていません。舌の動きを妨げないように衝撃防止とは直接関係ない内側の厚みを全体の強度を保ちつつ極力薄くしています。
  • 気持ち悪くならないように仕上げている
    特に舌の奥が当たる部分をさらに薄く仕上げ、その上で削りっぱなしにしないで、その部分のツヤを出す。この薄さをツヤによって気持ち悪さ・嘔吐反応が限りなく軽減します。
  • 呼吸が苦しくならないように仕上げている
    お一人おひとりの歯型にピッタリとしているので外れなく普通に呼吸できるので苦しくなりません。先日「いま使ってるマウスガードはとっても苦しい、溺れるほど苦しい」と問合せがありました。いや笑っては失礼ですが、後日このお客様から「おかげさまで命拾いしました(笑)」とご連絡をいただきました。あなたもどうか苦しいマウスガードから開放されてください。
  • 競技別によって最適なマウスガードの種類を用意している
    一口にマウスガードといってもスポーツの種類によって、また年齡やマウスガードの経験の有無などによっても設計を変えています。またラグビーのように一つの競技でもポジションによって選択のタイプも違ってきます。様々な条件を考慮して最適なタイプをご提案いたします。
スポーツマウスガードなら、マウスガードの駆け込み寺、ライムスにお任せください。あなたのお悩み解決いたします。
マウスガードのお悩みご相談はこちら
お問い合わせ

▲ トップへ戻る